ダイソンがヘアドライヤーに参入!高いケド超話題に!

公開日:  最終更新日:2016/06/26

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

掃除機や羽のない扇風機など、すごい製品ばかり出してきたダイソンが、

今度はヘアードライヤーに参入してきましたね!

 

Dysonシリーズは、一体今後もどれだけのジャンルに手を伸ばすことやら・・気になります!

 

商品名は、

ダイソンスーパーソニック
(Dyson Supersonic)

 

 

 

 

この商品の謳い文句がまたもや、心を惹かれてしまうような謳い文句!

常識を変えるヘアドライヤー」ときた!

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

 

 

・過度の熱になりすぎないから触っても熱くない

ヒートシールドテクノロジー(技術の詳しいことはわかりませんw)によって、
アタッチメント部分が熱くならないとか!

普通、ドライヤーって先端が熱いですよね?
というか、熱すぎて触ろうと思ったこともないので、ドライヤーの先端は熱いもの!触っちゃいけないもの!という常識が染みついているので(笑)

熱くないので、髪に近づけても大丈夫だし、手で持ちながら乾かせるってことですね!

 

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

 

 

・他社のドライヤーより速乾性がある!

 

3段階の風速調整ができる

  • スピード乾燥モード
  • レギュラー乾燥モード
  • スタイリングモード

かっこいいネーミングになっていますけど、
家にあるドライヤーのターボ、ノーマル、スタイリングってモードが3つあるということですよね?

このモードに加えて!

 

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

 

4段階の風温調整機能がある!

  • 78℃速乾スタイリング
  • 62℃標準
  • 45℃低温
  • 28℃冷風

温度も自分で調整できるとは!

この78℃速乾スタイリングという温度が、他のドライヤーに比べて速乾性に優れていることをアピールしているんでしょうね!

 

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

 

・モーターがハンドル部分におさめられた

これ、はじめに読んだ時意味が分かりませんでした(笑)
私だけだとおもいますが。

 

普通のドライヤーって、ウィーーン!というあのうるさい音がする部分が、
ドライヤーのヘッド部分に入ってますよね?

それが、このダイソンドライヤーは、手で持つ部分のハンドル部分に収納されている、ということですね!
だから、ヘッドが重くないし熱くならない!ということですね。

 

最新NEWS!フレッシュな情報をあなたにお届けするBLOG_画像

 

お値段が48,600円!と、一般的なドライヤーの金額からするとかなりお高い・・・ですが、
これまでのダイソン掃除機や扇風機同様、

いろんな意味で常識を覆すのが、ダイソン製品なんでしょうね!

 

高価でも、かなり話題になっています!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑